トップページ エミール・ガレ・ドーム・ナンシー他
卸価格で販売しています。

弊社扱いのガレ・ドーム作品につきましては全てアールヌーヴー期のオリジナル(本物)です。
現代ガレ及びルーマニア製等のコピー作品は一切取り扱っておりません。


ドーム・ナンシー テーブルランプ エミール・ガレ 薊(アザミ)文花瓶 エミール・ガレ 蝶と薊文蓋物ボンボン T ドーム・ナンシー テーブルランプ ドーム・ナンシー ナイトランプ
ドーム・ナンシー エミール ・ガレ エミール ・ガレ ドーム・ナンシー ドーム・ナンシー
テーブルランプ 薊文花瓶 薊蝶と薊文蓋物
ボンボン
テーブルランプ ナイトランプ

エミール・ガレ 湖水風景文花瓶 エミール・ガレ 湖水風景文花瓶 ドーム・ナンシー 冬景色文ピッチャー エミール・ガレ スイカズラ文花瓶 エミール・ガレ ニワウルシ文花瓶 エミール・ガレ 山水風景文花瓶
エミール・ ガレ エミール ・ガレ ドーム・ナンシー エミール ・ガレ エミール ・ガレ エミール ・ガレ
湖水風景文花瓶 湖水風景文花瓶 冬景色文ピッチャー スイカズラ文花瓶 ニワウルシ文花瓶 山水風景文花瓶

エミールガレ エミールガレ エミールガレ ドームナンシー ドーム・ナンシー ドームナンシー ドームナンシー
エミール・ ガレ エミール ・ガレ エミール・ ガレ ドーム・ナンシー ドーム・ナンシー ドーム・ナンシー ドーム・ナンシー
木の実文ランプ せり文ランプ 花文ランプ テーブルランプ 天吊灯 ケイトウ文ランプ 湖水風景文ランプ

ドームナンシー ドームナンシー エミールガレ ドームナンシー ドームナンシー ドームナンシー エミールガレ
ドーム・ナンシー ドーム・ナンシー エミール ・ガレ ドーム・ナンシー ドーム・ナンシー ドーム・ナンシー エミール ・ガレ
松笠文ランプ 柿文ランプ 湖水風景文ランプ テーブルランプ テーブルランプ テーブルランプ 桜文ラン

エミールガレ
エミール ・ガレ エミール ・ガレ ドーム ・ナンシー エミール ・ガレ エミール ・ガレ エミール ・ガレ エミール ・ガレ
花文ランプ ニワウリシ文花瓶 天吊り灯 湖水風景文花瓶 藤文花瓶 アラセイトウ文花瓶 山水風景文花瓶

ドーム・ナンシー 湖水風景文花瓶 ドーム・ナンシー テーブルランプ ドーム・ナンシー
ドーム・ナンシー ドーム・ナンシー エミール ・ガレ エミール ・ガレ エミール ・ガレ エミール ・ガレ ドーム・ナンシー
湖水風景文花瓶 テーブルランプ ニワウルシ文花瓶 桜文ランプベース 葡萄文ランプベース 花文花瓶  花文花瓶

エミール・ガレ ドーム・ナンシー
ドーム・ナンシー ドーム・ナンシー ドーム・ナンシー エミール ・ガレ エミール ・ガレ ドーム・ナンシー ドーム・ナンシー
帆船文ランプベース テーブルランプ テーブルランプ 湖水風景文ランプベース どんぐり  テーブルランプ 双灯テーブルランプ

ドーム・ナンシー テーブルランプ ミューラー 花型スタンド ドーム・ナンシー 三灯式天吊灯 ドーム・ナンシー 花瓶
ドーム・ナンシー ドーム・ナンシー ドーム・ナンシー ドーム・ナンシー ドーム・ナンシー ミューラー ドーム・ナンシー ドーム・ナンシー
双灯テーブルランプ 双灯テーブルランプ 双灯テーブルランプ 双灯テーブルランプ テーブルランプ 花型スタンド 三灯式天吊灯 花瓶

エミール・ガレ 木の実文花瓶 エミール・ガレ オンベル文花瓶 ガレ 葡萄文化瓶
エミール ・ガレ エミール・ガレ エミール・ガレ エミール・ガレ エミール・ガレ ドーム・ナンシー
 木の実文花瓶 オンベル文花瓶 葡萄文化瓶 山水風景文化瓶 ハシバミ文化瓶 テーブルランプ


ドーム・ナンシー



  ドーム・ナンシー テーブルランプ     在庫無し
技 法  異色溶かし込み   高さ 486mm シェード幅 260mm    状態 良好   作家サイン 本体とシェードにエナメル彩サイン
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。


【異色溶かし込み】ガラスに異なった色のガラスを流し込み、色ムラなどを意図的に作る技法。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。

ドーム ナンシー 天吊灯  注文

エミール・ガレ




  エミール・ガレ 山水風景文花瓶    状態 良好   在庫無し 
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り)  
高 さ  360mm   作家サイン 側部に陽刻サイン     真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。
【酸化腐食彫り(エッチング)】アシッドともいわれ非常に多用される技法。模様部分の皮膜をパラフィンなど保護膜で覆った後模様を描き、それをフッ化水素と硫酸の混合液で腐食させて模様を作る。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。



エミール・ガレ




  エミール・ガレ ハシバミ文花瓶    状態 良好   税込 38万円  
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り)  
高 さ  347mm   作家サイン 側部に陽刻サイン     真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。
【酸化腐食彫り(エッチング)】アシッドともいわれ非常に多用される技法。模様部分の皮膜をパラフィンなど保護膜で覆った後模様を描き、それをフッ化水素と硫酸の混合液で腐食させて模様を作る。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。



エミール・ガレ
エミール・ガレ 葡萄文化瓶

エミール・ガレ 葡萄文化瓶

エミール・ガレ 葡萄文化瓶

  エミール・ガレ 葡萄文花瓶    状態 良好   税込 在庫無し  
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り)  
高 さ  215mm  横幅 130mm  作家サイン 側部に陽刻サイン     真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。
【酸化腐食彫り(エッチング)】アシッドともいわれ非常に多用される技法。模様部分の皮膜をパラフィンなど保護膜で覆った後模様を描き、それをフッ化水素と硫酸の混合液で腐食させて模様を作る。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。



ドーム・ナンシー
ドーム・ナンシー 三灯式天吊灯

  ドーム・ナンシー 三灯式天吊灯     在庫無し
技 法  異色溶かし込み   シェード 縦139mm×横143mm    状態 良好   作家サイン 各側部に陰刻サイン
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。


【異色溶かし込み】ガラスに異なった色のガラスを流し込み、色ムラなどを意図的に作る技法。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。

ドーム ナンシー 天吊灯  注文

ドーム・ナンシー
ドーム・ナンシー 花瓶

  ドーム・ナンシー  花瓶     税込 98,000円
技 法  異色溶かし込み・金属箔挟み込み   高さ149mm    状態 良好   作家サイン 脚部に陰刻サイン有り
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。


【異色溶かし込み】ガラスに異なった色のガラスを流し込み、色ムラなどを意図的に作る技法。


【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。

ドーム ナンシー 天吊灯  注文

エミール・ガレ
エミール・ガレ 木の実文花瓶
  エミール・ガレ 木の実文花瓶    状態 良好   在庫無し  
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り)  
高 さ  336mm  作家サイン 側部に陽刻サイン     真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。
【酸化腐食彫り(エッチング)】アシッドともいわれ非常に多用される技法。模様部分の皮膜をパラフィンなど保護膜で覆った後模様を描き、それをフッ化水素と硫酸の混合液で腐食させて模様を作る。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。



ドーム・ナンシー
ドーム・ナンシー テーブルランプ

  ドーム・ナンシー テーブルランプ(希少作品)     在庫無し
技 法  ヴィトリフィカシオン  高さ65cm(台座含)  シェード 縦15cm×横16.8cm   作家サイン 側部に陰刻サイン 台座は錬鉄製
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。


【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。
【ヴィトリフィカシオン】 色ガラスの粉をまぶしつける技法

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。

ドーム ナンシー 天吊灯  注文

ドーム・ナンシー
ドーム 双灯テーブルランプ

ドーム 双灯テーブルランプ

ドーム 双灯テーブルランプ

  ドーム・ナンシー 双灯テーブルランプ    在庫無し 
技 法  被(き)せガラス 高さ 39.5cm(台座含む) シェード 14cm ・ 13.4   作家サイン 側部に陰刻サイン
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。


【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。

ドーム ナンシー 天吊灯  注文

ドーム・ナンシー
ドーム テーブルランプ
  ドーム・ナンシー テーブルランプ     税込 184,000円  在庫無し
技 法  被(き)せガラス 高さ 40.7cm(台座含む) シェード 13.2cm   作家サイン 側部に陰刻サイン
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。


【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。

ドーム ナンシー 天吊灯  注文

エミール・ガレ
エミール・ガレ オンベル文花瓶
  エミール・ガレ オンベル文花瓶   状態 良好   在庫無し
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り)  
高 さ  392mm  作家サイン 側部に陽刻サイン     真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。
【酸化腐食彫り(エッチング)】アシッドともいわれ非常に多用される技法。模様部分の皮膜をパラフィンなど保護膜で覆った後模様を描き、それをフッ化水素と硫酸の混合液で腐食させて模様を作る。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。



ドーム・ナンシー






  ドーム・ナンシー 双灯テーブルランプ     在庫無し
技 法  被(き)せガラス 高さ44cm×横幅34.5(台座含む)  シェード 左右とも 15.5cm×9cm   作家サイン 側部に陰刻サイン
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。


【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。

ドーム ナンシー 天吊灯  注文

ミューラー
ミューラー 花型スタンド

  ミューラー 花型スタンド     在庫無し
技 法  被(き)せガラス
  全高44cm(台座含) 全幅17cm(台座含) 奥行き10.5cm  ガラス部 高13.5cm×幅12.5cm   作家サイン 側部に陰刻サイン
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。


【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。
【ヴィトリフィカシオン】 色ガラスの粉をまぶしつける技法

ミューラー兄弟はモーゼル地方のガラス一家に生まれた生え抜きのガラス工芸家達で、9人の息子と一人の娘の10兄弟であった。
10人中5人がエミール・ガレの工房で働き、ガレの技法や作品の様式を学びとりました。そして三男のアンリが独立し、リュネヴィーユに
工房を開きました。そののち、他の兄弟達も次々と工房に帰還し、一家一団となって工房を経営するようになりました。「ミュラー作品」とは、ナンシー
派の代表的な工房の一つ、ミュラー兄弟の作品全てを称して言います。ナンシー派とは、アールヌーヴォーの巨匠 エーミール・ガレ(1846〜1904)が
1901年にナンシー地方の美術家たちを集めて結成した連盟のことです。

ドーム ナンシー 天吊灯  注文

ドーム・ナンシー
ドーム テーブルランプ





  ドーム・ナンシー テーブルランプ    在庫無し
技 法  被(き)せガラス 高さ 40.3cm(台座含む) シェード 13.5cm   作家サイン 側部に陰刻サイン
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。


【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。


ドーム・ナンシー
ドーム 天吊灯


  ドーム・ナンシー 天吊灯    在庫無し
技 法  被(き)せガラス シェード D 35.5cm   作家サイン 側部に陰刻サイン
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。


【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。


ドーム・ナンシー
ドーム・ナンシー ナイトランプ

ドーム・ナンシー ナイトランプ

ドーム・ナンシー ナイトランプ

  ドーム・ナンシー ナイトランプ    在庫無し
技 法  被(き)せガラス 高さ 約20cm(台座含む) 横幅 9cm   作家サイン 側部に陰刻サイン
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。


【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。


エミール・ガレ
エミール・ガレ 湖水風景文花瓶
  エミール・ガレ 湖水風景文花瓶  状態 良好  在庫無し
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り)  
高 さ  約15.3cm  作家サイン 側部に陰刻サイン     真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。
【酸化腐食彫り(エッチング)】アシッドともいわれ非常に多用される技法。模様部分の皮膜をパラフィンなど保護膜で覆った後模様を描き、それをフッ化水素と硫酸の混合液で腐食させて模様を作る。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。



ドーム・ナンシー
ドーム・ナンシー テーブルランプ

ドーム・ナンシー テーブルランプ

  ドーム・ナンシー テーブルランプ    在庫無し
技 法  被(き)せガラス 高さ 33.7cm(金具含む) シェード 13.9cm   作家サイン 側部に陰刻サイン
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。


【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。


エミール・ガレ
 エミール・ガレ

エミール・ガレ
  エミール・ガレ どんぐり  在庫無し
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り)  高さ 11.5cm 直径 14cm  作家サイン 側部に陽刻サイン
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。


【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。


【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。

ドーム・ナンシー
 
  ドーム・ナンシー 帆船文ランプベース   
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り) エナメル彩  高さ 26.3cm(金具含む)    作家サイン 側部にエナメル彩サイン
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。


【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。


ドーム・ナンシー
 
  ドーム・ナンシー テーブルランプ 1    販売済み
技 法  被(き)せガラス・  高さ 20.1cm   シェード高さ 13cm   作家サイン 側部に陰刻サイン
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。


【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。


ドーム・ナンシー
 
  ドーム・ナンシー テーブルランプ 2    販売済み
技 法  被(き)せガラス  高さ 19.2cm(金具含む)   作家サイン 側部に陰刻サイン
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。


【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。


エミール・ガレ
 
  エミール・ガレ 湖水風景文テーブルランプ    販売済み
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り)  高さ 35.2cm シェード高さ 14.5cm  作家サイン 側部に陽刻サイン
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。


【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。


【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。

ドーム・ナンシー
ドーム・ナンシー ドーム・ナンシー
  ドーム・ナンシー 花文花瓶     在庫無し
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り)  高さ 42cm 作家サイン 側部に陰刻サイン
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。


【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。


エミール・ガレ
エミール・ガレ ニワウルシ文花瓶
  エミール・ガレ ニワウルシ文花瓶   販売済み
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り)   高さ 10.5cm  側部に陽刻サイン
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。

【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。

エミール・ガレ
エミール・ガレ 桜文ランプベース エミール・ガレ 桜文ランプベース 
  エミール・ガレ 桜文ランプベース   販売済み
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り)   高さ 28.9cm  側部に陽刻サイン 
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。

【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。

エミール・ガレ
 
  エミール・ガレ 葡萄文ランプベース   販売済み
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り)  高さ 25.4cm  側部に陽刻サイン
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。

【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。

エミール・ガレ
 
  エミール・ガレ 花文花瓶   販売済み 
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り)   高さ 29cm  側部に陽刻サイン
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。

【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。

エミール・ガレ
エミール・ガレ ニワウルシ文花瓶 エミール・ガレ ニワウルシ文花瓶
  エミール・ガレ ニワウルシ文花瓶  状態 良好  在庫無し
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り)  
高 さ  約29cm  作家サイン 側部に陽刻サイン     真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。

【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。
【酸化腐食彫り(エッチング)】アシッドともいわれ非常に多用される技法。模様部分の皮膜をパラフィンなど保護膜で覆った後模様を描き、それをフッ化水素と硫酸の混合液で腐食させて模様を作る。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。



ドーム・ナンシー
ドームナンシー 天吊り灯
  ドーム・ナンシー  天吊り灯   販売済み
技 法  ヴィトリフィカッシオン     D 36cm 作家サイン 側部に陰刻サイン
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【ヴィトリフィカッシオン】熱いガラス素地に色ガラスの粉をまぶして付着させ、
再び炉の中に入れて素地によくなじませる技法。多数の色が混じり合った地紋をつくり出せる。



【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。

ドーム・ナンシー
 ドーム・ナンシー 湖水風景文花瓶

ドーム・ナンシー 湖水風景文花瓶 ドーム・ナンシー 湖水風景文花瓶
  ドーム・ナンシー 湖水風景文花瓶  在庫無し
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り)  高さ24.5cm 幅8.5cm 
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。

【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。

ドーム・ナンシー
  ドーム ・ナンシー  テーブルランプ  状態 良好  在庫無し

通常の卓上ランプより大きいサイズです。
技 法  被(き)せガラス  
高 さ  56cm  シェード 40cm 作家サイン シェード側部に陰刻サイン     真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。

【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。


ドーム・ナンシー
ドーム・ナンシー テールランプ ドーム・ナンシー テールランプ ドーム・ナンシー テールランプ

ドーム・ナンシー テールランプ ドーム・ナンシー テールランプ
  ドーム・ナンシー  テーブルランプ   在庫無し
技 法  ヴィトリフィカッシオン  H 42,6cm      シェード部分 H 9,2cm 作家サイン シェード側部に陰刻サイン  台座 ブロンズ製 

市場にはあまりでてこない希少作品です。
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【ヴィトリフィカッシオン】熱いガラス素地に色ガラスの粉をまぶして付着させ、
再び炉の中に入れて素地によくなじませる技法。多数の色が混じり合った地紋をつくり出せる。



【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。



エミール・ガレ
エミール・ガレ 蝶と薊文蓋物ボンボン T エミール・ガレ 蝶と薊文蓋物ボンボン Tエミール・ガレ 蝶と薊文蓋物ボンボン T
  エミール・ガレ 蝶と薊文蓋物ボンボンT   在庫無し
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り)  直径13cm 高さ5.5cm 
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。

【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。

ドーム・ナンシー
ドーム・ナンシー テーブルランプ
  ドーム ・ナンシー  テーブルランプ  状態 良好  在庫無し
技 法  被(き)せガラス  
高 さ  約40cm  シェードの高さ 約13.5cm 作家サイン 側部に陰刻サイン     真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。

【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。


エミールガレ
エミール・ガレ 湖水風景文花瓶
  エミール・ガレ 湖水風景文花瓶  状態 良好 在庫無し
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り)  
高 さ  約15.5cm  作家サイン 側部に陽刻サイン     真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。
【酸化腐食彫り(エッチング)】アシッドともいわれ非常に多用される技法。模様部分の皮膜をパラフィンなど保護膜で覆った後模様を描き、それをフッ化水素と硫酸の混合液で腐食させて模様を作る。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。


ドーム・ナンシー
ドーム・ナンシー 冬景色文ピッチャー
  ドーム ・ナンシー  冬景色文ピッチャー  状態 口縁部に小さな修復有り  在庫無し
技 法  アプリカシオンによる把手・ 酸化腐食彫り・エナメル彩   
高 さ  約15.7cm  作家サイン 側部にエナメル彩サイン     真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。

【酸化腐食彫り(エッチング)】アシッドともいわれ非常に多用される技法。模様部分の皮膜をパラフィンなど保護膜で覆った後模様を描き、それをフッ化水素と硫酸の混合液で腐食させて模様を作る。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。


エミールガレ
エミール・ガレ スイカズラ文花瓶
  エミール・ガレ スイカズラ文花瓶  状態 良好  在庫無し
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り)  
高 さ  約30cm  作家サイン 側部に陽刻サイン     真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。
【酸化腐食彫り(エッチング)】アシッドともいわれ非常に多用される技法。模様部分の皮膜をパラフィンなど保護膜で覆った後模様を描き、それをフッ化水素と硫酸の混合液で腐食させて模様を作る。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。


エミールガレ
エミール・ガレ 山水風景文花瓶
  エミール・ガレ 山水風景文花瓶  状態 良好  在庫無し
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り)  
高 さ  約27.5cm  作家サイン 側部に陽刻サイン     真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。

【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。

【酸化腐食彫り(エッチング)】アシッドともいわれ非常に多用される技法。模様部分の皮膜をパラフィンなど保護膜で覆った後模様を描き、それをフッ化水素と硫酸の混合液で腐食させて模様を作る。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。


エミールガレ
エミール・ガレ 薊(アザミ)文花瓶
  エミール・ガレ 薊(アザミ)文花瓶  状態 良好  在庫無し
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り)  
高 さ  約25.2cm  作家サイン 側部に陽刻サイン     真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。
【酸化腐食彫り(エッチング)】アシッドともいわれ非常に多用される技法。模様部分の皮膜をパラフィンなど保護膜で覆った後模様を描き、それをフッ化水素と硫酸の混合液で腐食させて模様を作る。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。


エミールガレ
エミール ガレ ニワウルシ文花瓶
  エミール・ガレ ニワウルシ文花瓶  状態 良好  在庫無し
技 法  被(き)せガラス・エッチング( 酸化腐食彫り)  
高 さ  約14cm  作家サイン 側部に陽刻サイン     真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。
【酸化腐食彫り(エッチング)】アシッドともいわれ非常に多用される技法。模様部分の皮膜をパラフィンなど保護膜で覆った後模様を描き、それをフッ化水素と硫酸の混合液で腐食させて模様を作る。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。


エミールガレ
エミール ガレ アラセイトウ文花瓶
  エミール・ガレ アラセイトウ文花瓶 状態 良好(専用ケース付き)   在庫無し

技 法  被(き)せガラス・酸化腐食彫り      高 さ  33,6cm  作家サイン 側部に陽刻サイン 
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。
【酸化腐食彫り(エッチング)】アシッドともいわれ非常に多用される技法。模様部分の皮膜をパラフィンなど保護膜で覆った後模様を描き、それをフッ化水素と硫酸の混合液で腐食させて模様を作る。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。


エミールガレ
エミール ガレ 湖水風景文花瓶
  エミール・ガレ 湖水風景文花瓶  在庫無し
技 法  被(き)せガラス・酸化腐食彫り     高 さ  27cm  作家サイン 側部に陽刻サイン    。
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。
【酸化腐食彫り(エッチング)】アシッドともいわれ非常に多用される技法。模様部分の皮膜をパラフィンなど保護膜で覆った後模様を描き、それをフッ化水素と硫酸の混合液で腐食させて模様を作る。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。


エミールガレ
エミール ガレ 藤文花瓶
  エミール・ガレ 藤文花瓶   在庫無し

技 法  被(き)せガラス・酸化腐食彫り     高 さ  30cm  作家サイン 側部に陽刻サイン     
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。
【酸化腐食彫り(エッチング)】アシッドともいわれ非常に多用される技法。模様部分の皮膜をパラフィンなど保護膜で覆った後模様を描き、それをフッ化水素と硫酸の混合液で腐食させて模様を作る。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。


エミールガレ
エミール ガレ 山水風景文花瓶
  エミール・ガレ 山水風景文花瓶   在庫無し

技 法  被(き)せガラス・酸化腐食彫り      高さ  25cm  作家サイン 側部に陽刻サイン    
    真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。
【酸化腐食彫り(エッチング)】アシッドともいわれ非常に多用される技法。模様部分の皮膜をパラフィンなど保護膜で覆った後模様を描き、それをフッ化水素と硫酸の混合液で腐食させて模様を作る。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。


エミールガレ
エミールガレ
 エミール・ガレ 花文ランプ  在庫無
技 法  被(き)せガラス・エッチングによるカメオ彫
高 さ  24.5cm 作家サイン 側部に陽刻サイン 真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。ガラス器の断面には色ガラスの積層が見られ、エッチングによって色調の段階的な変化が得られるカメオ彫となる。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。


エミールガレ
エミールガレ
  エミール・ガレ 桜文ランプ  在庫無し
技 法  被(き)せガラス・エッチングによるカメオ彫
高 さ  42.5cm 作家サイン 側部に陽刻サイン 真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。ガラス器の断面には色ガラスの積層が見られ、エッチングによって色調の段階的な変化が得られるカメオ彫となる。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。


エミールガレ
エミールガレ
  エミール・ガレ 湖水風景文ランプ  在庫無し
技 法  被(き)せガラス・エッチングによるカメオ彫
高 さ  46.4cm 作家サイン 側部に陽刻サイン 真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。ガラス器の断面には色ガラスの積層が見られ、エッチングによって色調の段階的な変化が得られるカメオ彫となる。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。



ドームナンシー
ドームナンシー
   ドーム ・ナンシー 松笠文ランプ  在庫無し
技 法  被(き)せガラス・エッチングによるカメオ彫
高 さ  35.5cm  シェード D11.9cm 作家サイン 側部に陽刻サイン  シェード:側部に陰刻サイン 真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。ガラス器の断面には色ガラスの積層が見られ、エッチングによって色調の段階的な変化が得られるカメオ彫となる。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。



ドームナンシー
ドームナンシー
新入荷   ドーム ・ナンシー 柿文ランプ  在庫無し
技 法  被(き)せガラス・エッチングによるカメオ彫
高 さ  23cm  作家サイン 側部に陰刻サイン  真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。ガラス器の断面には色ガラスの積層が見られ、エッチングによって色調の段階的な変化が得られるカメオ彫となる。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。



ドームナンシー
ドームナンシー
   ドーム・ ナンシー テーブルランプ  在庫無し
技 法  エッチングによるカメオ彫
高 さ  21.5cm  シェード 11.1cm 作家サイン シェード側部に陰刻サイン  真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
エッチングによって色調の段階的な変化が得られるカメオ彫となる。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。



ドームナンシー
ドームナンシー
   ドーム ・ナンシー テーブルランプ  在庫無し
技 法  重ねガラス
高 さ  27.2cm  シェード 13.5cm 作家サイン シェード側部にエナメル彩サイン  真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。



ドームナンシー
ドームナンシー
   ドーム・ ナンシー テーブルランプ  在庫無し
技 法  重ねガラス
高 さ  36.6cm  シェード 14.8cm 作家サイン シェード側部に陰刻サイン  真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。



ドームナンシー
ドームナンシー
   ドーム ・ナンシー ケイトウ文ランプ  在庫無し
技 法  被(き)せガラス・エッチングによるカメオ彫
高 さ  21.5cm  作家サイン 側部に陽刻サイン  真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。ガラス器の断面には色ガラスの積層が見られ、エッチングによって色調の段階的な変化が得られるカメオ彫となる。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。

ドームナンシー
ドームナンシー
ドームナンシー
   ドーム ・ナンシー 湖水風景文ランプ  在庫無し
技 法  被(き)せガラス・エッチングによるカメオ彫
高 さ  19.5cm  作家サイン 側部に陽刻サイン  真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。ガラス器の断面には色ガラスの積層が見られ、エッチングによって色調の段階的な変化が得られるカメオ彫となる。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。



エミールガレ
エミールガレ・ドームナンシー
エミール・ガレ 木の実文ランプ  在庫無
技 法  被(き)せガラス・エッチングによるカメオ彫
高 さ  27.5cm 作家サイン 側部に陽刻サイン 真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。ガラス器の断面には色ガラスの積層が見られ、エッチングによって色調の段階的な変化が得られるカメオ彫となる。



エミールガレ
エミールガレ エミールガレ エミールガレ
エミール・ガレ せり文ランプ  在庫無し  
技 法  被(き)せガラス・エッチングによるカメオ彫
高 さ  27.5cm 作家サイン 側部に陽刻サイン 真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。ガラス器の断面には色ガラスの積層が見られ、エッチングによって色調の段階的な変化が得られるカメオ彫となる。

エミールガレ
エミール・ガレ 花文ランプ  在庫無  
技 法  被(き)せガラス・エッチングによるカメオ彫   
高 さ  29.8cm  サイン 側部に陽刻サイン  真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます
【被(き)せガラス】ガラス素地に異なった色のガラスを部分的あるいは全体にわたって被せかける技法。ガラス器の断面には色ガラスの積層が見られ、エッチングによって色調の段階的な変化が得られるカメオ彫となる。
ドームナンシー
ドーム・ナンシー テーブルランプ   在庫無し 
技 法  ヴィトリフィカッシオン 高 さ  40cm
サイン  シェード側部にエナメル彩サイン有り・状  態  良 好 ・真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます。
【ヴィトリフィカッシオン】熱いガラス素地に色ガラスの粉をまぶして付着させ、再び炉の中に入れて素地によくなじませる技法。多数の色が混じり合った地紋をつくり出せる。


【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。
ドームナンシー
ドーム・ナンシー 天吊灯  在庫無し
技 法  ヴィトリフィカッシオン  サイズ  D19.4
サイン  シェード側部に陰刻サイン有り
状  態  良 好 ・真贋につきましては販売後も責任を持たせて頂きます
【ヴィトリフィカッシオン】熱いガラス素地に色ガラスの粉をまぶして付着させ、再び炉の中に入れて素地によくなじませる技法。多数の色が混じり合った地紋をつくり出せる。


【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。

【ドーム兄弟】

フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853〜1909)弟アントナン・ドーム(1864〜1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年、ドーム工場でも美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出した。1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。

【エミール・ガレ】

1846年フランス東部のナンシーに生まれる。若い頃より、文学、修辞学、哲学、植物学などを学び、1977年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1978年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞、陶器、家具部門でもそれぞれ金、銀賞を受賞する。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。





タ〜ナ ハ〜マ
アノラスペンス カシニョール サビー ダリ バランタン マックナイト ラッセン ワーデン
アステックス カークレイナート シュルツ チェン バティニック マルティ ラシス ワイズバッシュ
アルトマン カルズー シャロワ 丁 紹光 バラディエ マヌキャン ラポル ト
アルホーグ ガンドレ シャガール デペルト バチュ M マヌキャン ラフレスキー
アイズピリ ガントナー ジャンセン デビットミラー ピカソ マイケルルー ランセル
アイベンロール カミーユイレール ジンシマクラ ドラクロワ ビュッフェ ミショ リベラ
アバチ カトラン ジョルジ ド ガ ファンシュ ミ ロ リャド
イカール キャセイ シックス ドートルロー ファーレ ミッシェルアンリ リジイ
イレーヌメイヤー キング シムシメール ブラジリエ ミュシャ ルネグリュオ
エルテ ギヤマン スコット ブーリエ モジリアニ レイモンプレ
エレンショウ ゴリチ スパン フィールディング ボネック レスリーセイヤー
アドルセイ コモンチェン ジンカム フェルナンデス ロートレック
ペイネ ローランサン
ボッシュ ロイバル
ア〜カ タ〜ナ ラ〜ワ
畦地梅太郎 小田切 訓 葛西四雄 高塚省吾 塙 賢三 牧野邦夫 山下 清 若山 茂 油 絵
天野喜孝 奥津国道 小林和作 竹久夢二 浜田昇児 三岸節子 山口はるみ マイセン
有元利夫 岡本太郎 斎藤真一 高沢圭一 橋本不二子 宮永岳彦 横山大観 ガレ・ドーム
伊東深水 荻 太郎 佐伯祐三 谷内六郎 平山郁夫 棟方志功 吉沢深雪
石井 清 荻須高徳 桜井幸雄 鶴田一郎 ヒロヤマガタ 吉岡浩太郎 日本人作家
石山毬緒 織田広比古 堺 幹夫 鶴岡義雄 東山魁夷 山本彪一 外国人作家
池田満寿夫 加山又造 芝田米三 東郷青児 藤田嗣治
今井幸子 片岡球子 清水 規 中島千波 古沢岩美 その他
小倉遊亀 金子国義 鈴木英人 中島 潔 福王子法林
上村松園 角 浩 鈴木マサハル 西村龍介 福沢一郎 絵画レンタル
上村松篁 きたのじゅんこ 千住 博 中島裕子 林喜市郎
上村淳之 草間彌生 関拓司 中根 寛
おおた慶文 工藤静香 笹倉鉄平 鎮西直秀
織田広喜 小杉小次郎 斎藤三郎 西村計雄
北久美子 ジョウナイトウ
清原啓一 島田三郎 トップページ
ジークレー版画絵画レンタル

artcreation  エミール・ガレ・ドーム・ナンシー・ブロンズ作品を卸価格で販売しています。